1.蛙の塔(その1)と運搬する諏訪子様の製作

今回作成する「諏訪子様の御宮」は書籍/建てものおりがみ(おりがみランド)
著者:桃谷 好英の「竜宮城」のパーツの作り方や組み上げ方&全体の構成等を参考し作成しています。
(なお、パーツの呼び方は上記書籍の呼び方を使用しています/ユニットXXXX 等)

「蛙の塔(その1)と運搬する諏訪子様」完成写真ギャラリーへ

まずは、蛙の塔を構成する部品を作ります。
7.5cm正方形の折り紙でユニットA(壁)のパーツを10個作ります。


次に7.5cm正方形の折り紙でユニットG(屋根)のパーツを3個作ります。


次に7.5cm正方形の折り紙でユニットA(壁)のパーツを半分に折ったものを4個作ります。


次に7.5cm正方形の折り紙でユニットA(壁)のパーツを折ったものを4個作ります。


ここまでの折り紙合計(7.5cm正方形):21枚
これらのパーツを組み合わせて組み立てていきます。
組み立ての際には、のり&(強度が必要な部分には)ボンドを使用しました。

それでは組み立て作業に入ります。
組み立て中・・・


組み立て中・・・・・・


組み立て中・・・・・・・・・


組み立て中・・・・・・・・・・・・


組み立て中・・・・・・・・・・・・・・・


組み立て中・・・・・・・・・・・・・・・・・・


組み立て終了。


組み立て終了。最後に7.5cm正方形折り紙でかえるの顔を作り、
塔の先端にボンドでくっつけます。


塔の先端にかえるの顔をくっつけたところ。
以上で、塔(その1)が完成しました。(今後同じようなものをもう1つ作る予定)


続いて、蛙の神様「諏訪子様」を作っていきます。
これは、御宮の各パーツを作るたびに平行してちまちまと作っていく予定です。
今回は、「何かを運搬する諏訪子様」的なものを作りました。

製作過程ですがまず、ベースとなる諏訪子様を作ります。
【各パーツごとの紙の大きさ】
顔:3.75cm正方形
髪:3.75cm正方形
手:3.75cm正方形
足:3.75cm正方形
服:3.75cm正方形
スカート:3.75cm正方形
ケロ帽:3.75cm×7.5cm長方形
基本的な諏訪子様本体の作り方に関しては、こちらの動画をご覧ください。

各パーツを作り終えたところ。組み立てると〜


こんな感じ。超ミニミニサイズですw
ちなみに目の部分は折り紙を細かく切ったものを貼り付けています。


諏訪子本体を作成したところで次に、運搬する為の道具を作ります。
まず、箱的なものを作ります。


車輪を作りボンドで接着します。


持ち手を作りボンドで接着します。これで運搬する為の道具が完成しました。


最後に運搬する為の道具と諏訪子をボンドでくっつけたら
「運搬する諏訪子様」の完成です。


「蛙の塔(その1)と運搬する諏訪子様」完成写真ギャラリーへ

諏訪子様の御宮へ戻る
TOPへ戻る