粘土作品〜殿様蛙『2.着色・仕上げ編』

『1.造形編』はこちらからどうぞ♪
『3.完成写真ギャラリー』はこちらからどうぞ♪

2.着色・仕上げ編

■2.1 着色、仕上げに使用した材料
・耐水ペーパー(水には濡らさないで使用)/#320番
・アクリル絵の具/ターナー アクリルガッシュ
・アクリルラッカースプレー/アサヒペン Spray(ツヤありタイプ)

■2.2 着色、仕上げに使用した道具
・普通の画筆、パレット等普通の色を塗るための道具

■2.3 着色にあたって使用した資料
・手元にあった図鑑(ジュニア自然大図鑑 エコロ/学研出版社)、ネットなど

■2.4 おたまじゃくしの着色
カエルよりも先におたまじゃくしが乾いたので、ヤスリがけをしてから、
色塗りをしました。色塗りをする際は水は少なめにしたほうがいいかも。
水分多いと粘土がべちょべちょになって大変なことにw

図10.資料を良く見て色を塗っていきます

■2.5 おたまじゃくしの仕上げ
絵の具が完全に乾燥したら、防水、艶出し(生物らしさを引き出す)為にアクリルラッカースプレーを
吹き付け乾燥させます。これでおたまじゃくし(トノサマガエル幼生)の完成です☆

図11.スプレー吹き付け後〜とってもツヤツヤ^^

■2.6 カエルの着色
おたまじゃくしと同様にして、色塗りをしました。
カエルに関しては、手足とか欠けるのが怖かったのであえてヤスリがけはしませんでした。

図12.カエル(表面)の塗り


図13.カエル(裏面)の塗り

■2.7 カエルの仕上げ
おたまじゃくしと同様にしてアクリルラッカースプレーを
吹き付け乾燥させます。これでトノサマガエルの完成です☆

完成写真は『3.完成写真ギャラリー』へ♪

TOPへ戻る