萩歴史巡りの旅(二日目)

『撮影日時』 2011/11/2
■窯元へ行き萩焼体験
萩城跡付近の旅館をチェックアウトして、萩焼体験ができる窯元へ行き
萩焼体験をしてみました。
萩焼体験(手びねり)で自由に形を作っていきます+⌒o⌒+


一応+⌒o⌒+を表現した結果。結構悪戦苦闘して何とか形になった。かな?
⌒o⌒の曲線部分が難しいwちなみにサイドの++部分は後ろに接合してみました。
作品の焼き上がりは1ヶ月後なので、凄く楽しみです。果たしてどんな作品に仕上がるのか・・・。


■松蔭神社へ向かう
萩焼体験を終えてから東萩駅方面へと引き返して松本大橋を渡っているところです。


■松本大橋を渡って少々歩き松蔭神社へ到着。この神社では吉田松陰を祀っています。


松蔭神社の境内写真その1/石碑「明治維新胎動之地」
昭和43年(1968)、明治維新100年を記念して建立されたそうだ。


松蔭神社の境内写真その2/孝行竹と石碑


国指定史跡「松下村塾」案内板


国指定史跡「松下村塾」
ここで、吉田松陰は、木戸孝允や伊藤博文や高杉晋作などといった幕末から維新にかけて
活躍した志士を育て上げたそうだ。


松陰神社本社にて参拝をし、御朱印を頂きました。


■郡司鋳造所遺構広場へ
松蔭神社を後にして、東萩駅へ戻る道中に郡司鋳造所遺構広場というところへ行ってみました。
ここはかつて郡司家の鋳造所があった場所らしい。郡司家は江戸幕末に長州藩の軍事的要請に応じて、
大砲や砲弾等の兵器鋳造に大きく関わったとされる。現在、この広場では大砲のレプリカや鋳造の様子
のレプリカが置かれている。


でました!大砲のレプリカ!!なんかカッコイイ・・・(惚


こちらは大砲鋳造の様子のレプリカ(上から撮影)。


こちらも大砲鋳造の様子のレプリカ(下りて撮影)。


そして、郡司鋳造所遺構広場を後にして萩駅へ戻り、在来線&新幹線&路線バスを乗り継ぎ
関東圏の自宅へ帰宅しました。



すわわっ!写真館TOPへ戻る

ホームページTOPへ戻る